どんな披露宴にしたい?会場の選び方ポイント

どんな披露宴をしたい?会場の選び方ポイント
人生で1度の結婚式。最高な思い出を作りたいと誰もが思うことでしょう。だからこそ披露宴や会場選びをしっかり行いたい。失敗はしたくないものです。
最高の結婚式にするために、会場見学に行く前にある程度把握しておきましょう。

意外と知られていない!結婚式会場

ホテル

ホテル
ホテルでの結婚式は幅広い年代から人気があります。宿泊施設が必要なゲストや親戚がお越しになる場合などにホテルは使えます。また大規模な披露宴でもバンケットを拡張できる構造のため、ゲストをゆったりと収容することができます。そしてなによりトラブルが起きた時は安心、指導の行き届いたホテルスタッフが支えてくれます

ゲストハウス

ゲストハウス
一軒家を貸し切りにして行うことをゲストハウスといいます。新郎・新婦が自宅に招き入れたような感覚で行える式として、近年人気があります。
式の演出やコーディネートは新郎・新婦が自由に決めることができ、華やかなパーティーになることが多いそうです。

レストラン

レストラン
普段はレストランとして営業していますが、ウェディングパーティーとして使用することもあります。結婚式の食事には、特にこだわりたいと思っている人にとってレストランはおすすめです。とにかく食事が美味しくて、レストランによっては有名なシェフが腕を振るうこともあるでしょう。

専門の式場

専門の式場
専門の式場は、挙式や披露宴を行う施設が充実しており、専門のスタッフがいるため安心して式を行うことができます。専門の式場ということで日にちによっては、予約が集中しやすいため注意しておきましょう。

その他

テーマパーク
好きなテーマパークやリゾート地、船上ウェディングなどで行う結婚式です。たまたまいた一般のお客様からも「おめでとう」などという言葉を投げかけてもらうこともあるでしょう。

まずやるべきこと、情報収集!

結婚式会場の情報を集めることから始めましょう。インターネットで資料請求をする、直接会場へ行き資料をもらう。できるだけ沢山の会場の資料を請求するようにしましょう。
また結婚式をした友人に話しを伺ったり、口コミを参考に探したりするのもいいでしょう。できるだけ多くの情報を集め、たくさんの会場へ脚を運ぶようにしましょう。
そして会場だけでなく、気になったヘアスタイルやドレスなども一緒に残しておくといいですよ。

知っておくと得!会場選びの7つのポイント

ポイント1:料理

  • 誰でも食べられる料理
  • アレンジできる
  • 料理を提供するタイミングが適切
  • お年寄り / 子供への特別メニューがある

ポイント2:アクセス

  • 駅から近い
  • 送迎バスがある
  • 二次会場が近い
  • わかりやすい場所にある
  • 車でいっても問題ない

ポイント3:セレモニーステージ

  • 本物の牧師 / 神主が来る
  • リハーサルをしっかり行う
  • ブーケトスが行える
  • 独立型チャペル / 神殿がある

ポイント4:パーティースペース

  • コーディネートの対応ができる
  • レイアウトが自由にできる
  • メインテーブルから全員の顔が見渡せる
  • 眺めがいい

ポイント5:ナイト

  • 終電までに余裕がある
  • そのまま宿泊できる
  • 花火などの演出がある
  • 夜景が見られる

ポイント6:プライベート / リゾート感

  • 自然に囲まれている
  • 景色がいい
  • テラス席がある
  • プライベート感がある

ポイント7:スタッフ

  • 悪いところもはっきり言ってくれる
  • 最初から最後まで担当者が同じ
  • ブライダル経験が豊富
  • 親身になって話しを聞き、答えてくれる

おわりに

結婚式は新郎・新婦にとって特別な日、最高の思い出になるようにしたいものです。「やっぱりこの会場じゃ嫌」と思っても、契約した後だとキャンセル料などが発生してしまいます。
そうならないように会場の情報をできるだけ多く集め、多くの会場へ足を運び満足の行くまでスタッフと話しあうようにしましょう。